PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コメ女


小梅は1年半ほど前に我が家にやってきました。
家では「コメちゃん」と呼ばれ可愛がられています。
自分で命名しておいて言うのもなんだけど、コウメって呼びづらいんだもの。
発音の便宜上、音が変化するのは仕方がないということで。

また一目ぼれ。
一目ぼれするたびに動物を飼っていたらキリがないことは頭では理解しているのんですが・・・。

当初は夫にも、これ以上増やしてどうする!!と反対され、あきらめたものの、
竜の年齢を考えても、新しい犬を増やす最後の機会と強引に家族に迎え入れました。

全部私が世話するからぁ~と子どもが動物を飼うときに必ず言うであろう言葉で説得。
好都合なことに、小梅と夫は誕生日が同じ。これは使える!!
迎え入れてからも、夫はいまひとつ納得していなかったようなので
だって誕生日も一緒だよ、素敵じゃない? 何かの縁だよ!!と言葉攻めですよ。

金城武だって言ってたよ。縁を大切にしたいって。。彼の場合は縁、縁って言って
仕事取りに行っていないようだけどね。お願いだから仕事してください。

うちで飼っていた動物は、故ハムスター・吾郎、去年死去ウサギ・守、現役犬・竜と
♂ばかりだったので、初の女の子を迎えることに少し緊張。
私にとってのハーレム状態が崩れることに一抹の寂しさもあり・・。
今まで、動物を自分の子どもととらえる感覚は薄かったのだけど、
小梅は小さなうちに親から離れてやってきたので、
私に娘ができた!!という気持ちがムクムクと湧いてきました。

「女の子なんだから、もう少しおしとやかに、、」
「伊藤美咲にそっくりだよ。美人だねぇ。」
「女の子なんだから、お股パカンで寝たら駄目よ。大事なところは隠しなさい。」

等々、自分に娘がいたら、同性同士だから口うるさい母さんになるのかなと
想像しつつ、楽しんで育てることができました。竜が子犬のときは権力争いに疲れ果て、
育犬ノイローゼに近いものがあったので、女の子はやっぱり違うなぁぁと実感。

でも、こずるいところがあるんですよね。これも女故か、、、

私って可愛いでしょう?みんなの人気者!!という振る舞いをしつつ、
陰でスズをいじめていたり、自分が得たおもちゃをさんざん見せつけておいて、
あなたには絶対貸しませんから!!と走って逃げたり・・・。
竜を誘っておいて逃げるとか、これはヒドイ。
盛り上がっている竜の気持ちの鉾をどこに納めろっていうのさ。
竜は去勢してるから、男としての機能は確かにないけど不憫だよ。

あっ、オチがない、今日の話。私何が書きたかったんだ?  
ba5a3c74.jpg

お股パカンショットです。手前にお股向けてる写真もあるのですが
さすがにワンコとはいえ・・・。

| 犬関連 | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/610-85b8aa0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT