PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水曜日の女

今朝の仙台は起きるとどしゃぶりの雨。
夏休み中、二日間だけあるラジオ体操実施日だった今日。中止でした。
中止なのに朝早く起こすのも可哀想とちびっこたちを寝かせておいたのですが
後で起きてきたスズにさめざめと泣かれてしまいました。
なに、そんなにラジオ体操第一がしたかったのか!と思ったのですが
予定していた時間通りに起きられなかった自分が不甲斐ないという涙でした。
大丈夫、そんなことで泣いていたら
夏休み中の母さんの涙の井戸は枯れ果てているよ! と慰めました。
こうしてスズにお母さんはだらしないと刷り込みがされちゃうんですね、もう。

さて、真生の妊娠中の話ですが、
どこから書いたらいいのかな~と保護してから今までの写真を眺めていました。 
4bb549e7.jpg 
真生は痩せていたな~と今さらながらしみじみと思います。
真生と暮らしはじめてからは、選択を迫られることが続いたのですが
その都度、その都度の選択が正しいものだったのかどうか未だに
答えが出ていない部分もあります。

そもそも自分の家の猫のようにして一緒に暮らしていていいのか―という思い。
真生を実際に見た方は、なんらかの事情はあって外で暮らしていたにせよ、
飼い主さんに可愛がられて育ってきた子なのじゃないかな~と言われます。
沢さんも掲示板で捜索願いが出ている子の中で、
該当する子がいないか探してくれましたが
今のところ真生に当てはまる子はいないようです。
たとえば『猫預かってます。』等の貼り紙を周辺の地域にして
本腰を入れて元の飼い主さんを探した方がいいのか、
でも真生の身体状況が万全といえない今、探してどうするよという考えと。
もし待っている人がいるのなら申し訳ないと思いながら
真生にゃんとはもう離れられないと思う自分。

と、今でこそ離れられないなど書いていますが
真生と出会った一度目は連れ帰るのに躊躇してしまいました。
子どもたちが群がっていたとはいえ、割って入ることもできたのにしなかった。
ひと目見ただけでも、明らかに病院にすぐに連れて行かなければならない状態。
一度目に出会った水曜日はかかりつけの動物病院が休診の日。
お恥ずかしい話ですが、感染症もあるかもしれない、皮膚状況も悪い、
病院に連れて行くにも、チビ達の送り迎えもあるし遠くまではちょっと行けないや…と
自分の事情を優先させて考えてしまったのです。
でも結局連れ帰らなかったことを後悔していて、の二度目の出会いでした。
一週間後の再会。またまた水曜日じゃーん。
とにかく一日だけは病院を我慢してもらおう、
うちには先住猫さんはいないし、隔離していれば一日だけならなんとかなるだろうと。
ただ体を触るとお乳が触れる。このことだけが気がかりで心臓がパクパクしました。

猫のお産に何度か立ち会ったことのある友人のSさんがすぐ家に駆けつけてくれて
真生のお腹を触って体を調べてくれました。
小さいから子猫っぽいけど、猫のお腹ってこんなに硬いかな~なんかおかしいなぁと。
二人で真生を前にして無言。
夕方には沢さんが療法食のad缶とスーさんが使っていたトイレを持って来てくれました。
私が用意したカリカリフードを食べてくれなくて焦っていたのですが
ようやくペースト状のad缶をガツガツと食べてくれました。
口内炎がひどくてカリカリを口にするのは辛かったんですね。
そんなことにも思い至らなくて、
ほんとに私ひとりでは初日を乗り切るのは難しかったと思います。

そして翌日病院へ。
超音波で調べてもらったらお腹の中で動いてました。後の1号ちゃんと2号ちゃんが。
まだ頭数までは明確にわからなかったのですが
この時点で妊娠三週くらいだったと思います。
その後、FeLVの治療を続けながら
(こちらは継続中なので機会があればまた)の妊娠の継続。
その間、リンク先の『わんこ色Diary♪』のソフィマリアさんからは葉酸などが入ったサプリを、
『Naoise’s Room』のyuccaさんからは口内炎に効くというプロポリスや
免疫力をあげるエキナセアなど多くのサプリを頂いてしまいました。
『カンタとハンナ』のかんはんさんもずっと心配してくれて
カンタ君に守ってもらえるようお願いしてくれました。
真生の様子を伝えるうちに母乳が出そうとおっしゃっていたかんはんさん、
日々大きくなる真生のお腹を見ているうちに私も出そうでした。
ここでお名前を挙げるには限りがあるくらい
事情を伝えた方が応援してくれて、迷いがある中で心強いことでした。 

30ec089b.jpg 
このときが七月の第一週目くらいです。
体は細いもののお腹が少しずつ膨らんできました。 

c997cb76.jpg 
とても好きな写真です。
7月17日くらいの写真、このときで後10日ほどでの出産があると言われていました。
お産には満月や大潮も関係するというので、お月様の満ち欠けもチェック。
いつなんだいつなんだと待ち望みながら、後10日と言われてから少し時間がかかりました。
何かあったらすぐに連絡をと言って、電話を握りしめていたという
沢さんのこともずいぶんとハラハラさせて待たせてしまいました。
真生ちゃんは水曜日の女だからね、水曜日かもよ~と話していたら
火曜日の夜中から水曜日にかけての出産でした。
『水曜日の女・真生』の称号、ぴったりんこ!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。あと、一回ほど続けますね。

| 猫関連 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/64-c1e4fe36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT