PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

儚い男前

古い話で恐縮なのですが、
年末、青森に行ったときの様子を何回かに分けて書いておきたいと思います。
今日は雪遊び~子ども編です。

毎年、青森の母から子どもたちを冬に寄越してくれと言われます。
そりに乗せたり、雪合戦をさせたり冬遊びをさせたいということなのですが、
そんなに子どもたち、雪遊びするかしらん。
私も子どもたちも寒いのは好きじゃないんだよね…。
IMG_2192.jpg 
…どうやら好きらしいです。
寒いのは苦手だけど、雪で遊ぶというのは子どもにとってはまた別なんですね。
爺さんの帽子をかぶせてもらい、ふたり雪玉をぶつけあっていました。

便利な時代になったものです。 
融雪機械も初体験。
私が小さいころはそりで雪を運んで空き地に捨てていました。
雪捨て場が小山のようになってくるので、捨て終わったらそりに乗って滑り降りてきます。
この滑降だけが楽しみで雪かきの手伝いをしていたようなものです。
最近は住宅事情も変わり、雪を捨てる場所もそう多くないので
融雪機械を備えている家も多くなってきたようです。
実家の父母も高齢になってきて、暖房費を節約しながら細々と暮らしているのを見ると、
どこに暮らしていても大変なことはあるとわかっていても、
これからも雪とともに暮らしていかなければならない過酷さを思います。
長年暮らしていた土地で愛着もあり、父母はこの地を離れたくないらしいし、
いつか私たちが青森に戻るなんてのもアリかな~?など思った青森への帰省でしたが
母から お前たち(孫除く)は来んでいい と丁重に断りを入れられました。ひっ。

裏庭に雪を集めながら、雪だるまを製作しました。(私は物陰から見ていただけ。)
あまりハンサムではない。 
炭でお顔もつけてもらって完成です。 
若干、唇が前に突き出しているのが気になって、
せっかく新しい形を与えて、この世に根を張らせてやるのであれば、
もっと格好くしてやればいいのに…と物陰から思います。

IMG_2181.jpg 
でもショマには愛されているようです。食べられているに近いとも言います。

IMG_2173.jpg 
あまりにシンプルな造形も気になるのでしょうか。スズが装飾を施してあげています。

頭、ぶつけちゃって…。 
こんな装飾なら、ないほうがエエ! そんな叫びが聞こえてきそうです。

キャップとかはないのかYO! 
北の国から~2008 
なんでこんなアップで撮ったんだろう…。ショマから帽子をかぶせてもらったことで、
おしゃれ度がアップしたので引き寄せられちゃったのかもしれません。

 さて、昨日は仙台でも雪になりました。
仙台に戻ってきた夫、実家の母K子から子どもたちへ渡してとプレゼントを託されていました。
わざわざ雪の中で撮影したので見てくれるとうれしいです。 
スカパーでボクの祭りが放送されるとかされないとか。  
すごいですね、生まれたときから帽子、マフラー、手袋装飾付きです。
(※眼鏡はプロデューサー私物。)
お腹にはお菓子まで詰まっていて、子どもたちを喜ばせる術にも長けている
そんな雪だるまが青森からやってきました。

風がピューッってボクをボクを…。 
ただ暴風に弱いんです。
イケメン度、オシャレ度ではかなりイケてる彼ですが、
こんな様子では雪国で生きていくには厳しいのではないでしょうか。
どっしりとした男らしさでは子どもたちが作った雪だるまの方が上ではないかと思います。
でももう彼はあそこにはいないんだろうな。雪で作った男前、儚いです。 

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 障がい児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 09:33 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

本物の雪だるま

目鼻口が炭で作れるなんて・・・
やっぱり本場は違いますね。実家地方ではここまできれいにできないし(泥団子みたいになる)、目鼻口なんて、落ちてるはっぱとか石とかそんなんです。

子どもたち、本当に楽しそうにはしゃいでいますね。息子も雪を待ち望んででいましたが、今年は会えそうにないです。

イケメンの白い彼、中にお菓子が入っているんですね。中は雪かと思いました。以前、北海道から沖縄の子どもたちに雪だるま容器に入ったものを送って・・・というTVを見ましたので。

楽しい冬の風景。私も楽しませてもらいました。

| ソフィマリア | 2009/02/01 10:04 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

初コメントです。

主人と2人の男の子、
猫2匹(ロシアンブルーとキジトラ)と
暮らしている主婦です。

我が家の20歳の長男には
広汎性発達障害と知的障害があり
養護学校卒業後、
就労移行支援事業所を経て、
現在は契約社員として
企業の社員食堂で食器洗浄の仕事をしています。

で、3年ほど前までは
ラブラドールの女の子を飼っていました。

そうなんです。
ムーコさんとは共通点がいっぱいで、
思わずコメントしてしまいました。

これからも
楽しみに読ませていただきますね。
よろしく願いします。

| にゃんずママ | 2009/02/01 11:46 | URL | ≫ EDIT

ソフィマリア様

言われてみれば、青森出身の彼、色白ですね。
仙台の雪も水分が多いので、
白い雪だるまにはなかなかならないことが多いです。
雪が多いところで作ろうと思うと公園などに行かなければいけないので、
お顔も石や葉っぱさんになりますよね。
まだもう少し冬は続くのでソフィマリアさんの息子さんも雪に会えるかも。
雪遊びはワンズも大はしゃぎで喜ぶし。
交通が麻痺したり大人は大変ですけどね^^;

私も前にびりびり君が雪だるまの中に入っている雪を
楽しんでいるのを見てほっこりしました。
だからダンボールを開けて、彼が入っていたのを見て
まさか雪入ってるのかしら!!とちらと思いましたです。
残念、雪ではなかったのですが、
けっこうな量のお菓子が入っていて、小さい体で包容力がある男子の模様です。

| ムーコ | 2009/02/02 05:19 | URL |

にゃんずママ様

にゃんずママさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
共通点、ほんとにいっぱい!!
うれしい気持ちで拝読しました。

もう息子さんは成人されて就労されているのですね。
先輩お母さんのそういう話を聞くと、
自分の息子たちに対しても、夢が広がるような気がします。
猫ちゃんは、ロシアンブルーとキジトラちゃんなんですね。
猫は初心者の私、猫ってそっけない生き物なんだ…と、
猫と暮らしたことがないので
イメージ像を勝手に抱いていたのですが違うんですね。
犬もそうですけど、それぞれに個性があって毎日発見があります^^
猫ちゃんのことも今度ぜひ教えてくださいね。
今後もよろしくお願いします。

| ムーコ | 2009/02/02 05:32 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/646-47d50811

TRACKBACK

世界3位の犬のしつけ【自宅でできる!犬のしつけの法則】

(あなたは、家族の一員である大切なワンちゃんをしつける方法を、普通の指導者から聞きたいですか?それとも、世界トップレベルの指導者から聞きたいですか?)今、あなたがワンちゃんの問題行動で悩んでいるのなら、また今後、ワンちゃんに正しいしつけをしたいとお考え...

| こんなのでました | 2009/02/01 15:28 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT