PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありがとう会

今年度、最後のスズの学級での参観日は「ありがとう会」でした。
家族への感謝を込めて何かやろうと先生たちと準備を進めてくれました。

当日はスズ本人もとても張りきっていて、
学級の中で飾られている染め物の作品を見せてくれたり
描いた絵を見せてくれたりしながら教室を案内してくれました。
今年度最初の参観日では
ずっと着席しているのがやはり難しいのかなと思った記憶があるのですが
学級や生活のリズムにも慣れたのか立ち歩きがなくなったようでした。
IMG_6096.jpg 
勉強の成果を披露してくれているところです。
みんなが得意な問題を先生が黒板に書いておいて隠しておき、
よーいドンとともに取り組んでストップウォッチで時間を計測。
スズ張り切りすぎて、フライング^^;
先生が時間を計る前に答え終えてしまって、およそ8秒と推測、
新記録ということにしてもらえました。
算数ができるようになったということが本人のやる気や自信につながっているのが
この姿からもわかるようでした。

みんなが私たち親に向けて歌を歌ってくれ、
その後、それぞれの家族に向けて書いた作文を朗読してくれました。
スズは 『一ねんかん ありがとう』 というタイトル。
私には買い物をしてくれたこと、ご飯を作ってくれたこと、
たいこゲーム連れていってくれたこと、洗濯してくれたこと、
毎日送ってくれたということについて、感謝の気持ちを書いてくれました。
夫には、パパちゃん、たいこゲームまいにちつれていってくれてありがとう、と。
さすがに毎日は行ってないじゃろ(´Д`)  願望半分入っているのかしら。
たいこゲームをいつもみていてね、だそうです。
おお! 前は叩いているところは見ないでって言っていたのに。
鶴からチビ天狗ちゃんに変貌を遂げただけのことはあります。

作文と一緒に素敵なプレゼントを貰いました。
今日は愛姫に紹介してもらいましょう。
くつろいでるとこゴメンナサイよ。 

花模様です。椿かしら。 
手作りの小銭入れでした。
ふたになる部分にはどどーんとフェルトで苗字のアップリケ。
横のかがり縫いやボタンつけも自分で行ったそうです。
家の人に何かプレゼントをということになって、
通級の女の子のアイデアで手作り財布になったとのこと。
とても嬉しくて縫い目を何度も見てしまいました。
すごく上手に素敵に出来たね!! と褒めたら、
お金入れてこれで太鼓ゲームに行くんだと返事が戻ってきて…。
これは私へのプレセントなんですよね??と先生に聞いて、一緒に笑ってしまいました。

教室を移動してお茶会になりました。
おやつのカナッペを子どもたちが用意していてくれました。
カナカナカナッペ 
えーと、ハムの上に苺、さらに生クリームがのっていたりするので
これははロシアンルーレット的な趣向なのかしらと
ほかのお母さんとも話していたのですが
先生に聞いたところ、先生の指示に従ってまじめに作ったもののようで…。
おふざけと思ってごめん。きっと生ハムメロンまたは酢豚パイナップルと一緒です。
ええ、カナッペおいしくいただきました。
チーズに生クリームがちょちょちょっと微妙かな、うん。

どうなることかと思った小学校生活の初年度、
つまらないと言い出したらどうしようと多少の不安も抱えていましたが、
迎えに行くとケタケタと声をあげて転がるようにして
先生やお友達と笑っているスズがいました。
子どもの笑顔を見られるのは親にとっては嬉しいこと。
一年、人生の中ではわずかなひとときかもしれません。
でも、この変化の多かった年に、そして、
これからしばらくの時を過ごす場所で笑顔でいられたことは、
今すぐに目に見えることではないかもしれないけれど―
スズの心に大切な思い出として残るべく根を張ったのじゃないかなと思います。
少し続けますね^^

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 障がい児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 17:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ステキな一年

ムーコさんの文章からも楽しい小学校生活がよくわかります。
大人が思うよりずっと楽しい、何物にも替えがたい宝物のような一年だったのだろうな。
すてきなお財布。おばちゃんも欲しいわ。かわいいデザインです。えぇ、たとえ太鼓のための必需品であっても…。
カナッペ、チーズに生クリームでもいいわ。
息子が作る料理は格別です。

| ソフィマリア | 2009/04/05 03:02 | URL | ≫ EDIT

ソフィマリア様

スズにとっては、この一年は
親の目からではありますが、
客観的に見ても変化の一年だったと思います。
悪い変化ではなく、よいところを引き出してもらえた変化。
これからいろいろなことを経験すると思うけれど、
なにものにも代えがたいものをいただいたと思っています。

財布も子どもたちそれぞれの個性が出るもので、
きちっとした性格の子は縫い目もきっちりしているんです^^
柄もそれぞれみんな違っていて、
ほかのお子さんの作った財布を見せてもらうのも楽しかったです。
でもカナッペはどのお皿にもチーズに生クリームがありました。
先生の味のセンス…かな。うう…うーん??

| ムーコ | 2009/04/05 16:04 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/683-20cdb2e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT