PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

使えそうなモテの秘訣を学ぶ

愛姫の写真を見ながら、
モテの秘訣は何かを探って、今後に(いつだろう…)生かしてみたいと思います。
モテるといっても、うちの夫と子どもだけというのも寂しい気もします。
実例を三つほど。竜ちゃんは猫の中では愛姫に最も優しい気がする。
沢さんの愛犬のゴゴ君も愛姫が好きであった。
そして、動物病院の先生も愛姫と接するとき声のトーンが違う気が…する。

人の手を怖がるところがあって、病院に行っても怯えてしまう愛姫。
抱き上げられるとウナギのようにするりと逃げてしまう。
ですが、先生に怖くないよ~大丈夫だよ~と捕まえられて撫で撫でされると、
すぐに陥落してゴーロゴロ喉が鳴ってしまうのです。
ほらもう~アナタこうされるの好きなんじゃないかぁ!!と、
いつも知的でクールな先生が愛好を崩すのを見ると、
愛姫、すごいすごいぞと思ってしまいます。
人間なんかに心許さないっ 

あ…ワタシ… 
モデルはスズですが、病院でもこのような感じです。
ちなみにスズも愛姫といると普段よりさらに声が高くなり
めーちゃんカァワイイのね~♪♪です。やっぱり父と親子なんだなと思う。
ここが不思議なところで、怖がりちゃんだなぁと思わせて、
犬にずんずん近づいたり、子どもといることがまったく平気だったりする。
言ってはあれですが、スズは強引でしつこいところもあるので
猫が一番苦手とするタイプの子どもだと思うのですが、寄り添い率高し。
これがツンデレの神髄かと思うのですが、
自分で応用となるとツンまでは出来ても、デレは恥ずかしい。無理だなぁ。

めご、学校に行く 
箱や隙間があると確実に入ってくるというのも愛姫の特徴でしょぅか。
この季節になっても布団にINしてくれるのは愛姫だけです。
小さきものが小さいところに入ってちんまりしている。
じゃあ、カバンに入ってみるかとも思いますが、
カバンに入っているエ●パー伊藤を見て
胸が震えるようなカワユイ!という気持ちが溢れ出してくるかと
問われればそうでもないので
これは猫にだけ許された可愛さなのではないかと思います。却下。 
   
リュウコメ2007 

めーちゃん、でも鼻の中にゴミあるどw 
無防備な寝姿というのもポイントが高いようです。
これならけっこうやっているような気がします。
二階で寝るのが面倒になって、一階の床に転がって寝ることもあるし。
でも翌日、ちゃんと布団で寝ろ、だらしない!!と怒られたり、
なんかワケわかんない寝言言ってたと嘲われることもあるので
人間の無防備には十分な注意が必要です。

そのほか、ぷーと鳴いたり(ホントです、ぷーと鳴くんです。)、
口だけ開けて声を出さない、サイレントチャーで甘えの表現をしたり、
何かを思案しているようなとき
かぎ尻尾がさらに曲がって‘?’の形になったり。
(ホ、ホントです。?になるのです。)
みなの心を掴む愛姫ポイントがいろいろあるように思うのですが、
声を出す器官や体の構造などの違いからくる
心鷲掴みポイントはもうどうにもならんと思います。
では、ほかに真似できるような部分はないかと思って写真を見渡すと…。
 ありました!! いつも仲良し弟の左馬介にも登場してもらうことにします。

【なぁにしているの~?】
姉上、暇でござるか   

【うるさい、邪魔すんな。】
ああっ、左馬クンが… 
愛される理由になるかどうかは不明なところですが、
夫婦喧嘩のときには使えそう…と思いましたです。
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 障がい児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 06:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どうして、こんなに頑張れるのでしょうか?それもこんなに前向きに。
私は主人と猫一匹(エイズキャリアの元野良猫)の生活。
時間は十分にあるのに、時折愚痴なんていっちゃいます。
ある本によると、人間は生まれる前にこの世に生まれる意味を神様から伝えられるんだそうです。”神との契約”です。でも、この世に産み落とされた瞬間にそのミッションを忘れてしまう。それから自分探しの長い旅が始まる。そんな本を海外で読んだ事がありますが。これだけ自由の時間を与えられている私自身、日々前向きに精一杯生きている皆さんを見ていると、自分の意思の無さと怠慢さを反省させられます。

| Quantum | 2009/05/02 18:55 | URL |

Quantum様

Quantumさん、こんにちは♪
いやっ、そんなに前向きなわけではないです(笑)。
愚痴ももちろんいっぱいいっぱい言います(対 人間の男の人に…)
それでも頑張るぞ!と
心ひそかに誓っていた時期もあるように思うのですが
心構えを日々実行するより先に
目の前にある毎日の生活が体に馴染んできたみたいです^^
でも不思議ですね、
以前は生きているということについて考えることもなく
なんとな~く生きているという多少冷めた感じだったのですが
生きるってなんじゃろかと(少し)考えるようになりました。

太っちょ君のブログ拝見しました。
うれしい~毎日見るところ増えました。
ゴージャスな白猫さん、メイクーンの血に納得。
もふもふしたら気持ちよさそう~♪
キャリアであっても穏やかに暮らすことができますものね。
太っちょ君の姿を見てとってもとっても嬉しくなりました、ありがとうございます。

| ムーコ | 2009/05/03 04:37 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/696-4cd7cbaf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT