PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

~水を求めて・2~

ニッカで緑の美しさを存分に楽しむことはできたのですが、
川を間近で見ることは叶いませんでした。
より濃密な川との触れ合いを求めるべく、
帰宅途中、名瀑布と名高い鳳鳴四十八滝に立ち寄りました。
名瀑布と名高い…など知ったような形で書いていますが、
行くのは初めて…、なだけでなく、これまでその滝の存在を知りませんでした。
ニッカへと行く途中で目について、
行きたいナ、行きたいナ、連れて行け!とつぶやくことで立ち寄ることができました。

きれいなお蕎麦屋さんが一軒建っていて、
そのお蕎麦屋さんの駐車場と、滝への展望台の駐車場が一緒の場所でした。
水がおいしいから蕎麦もおいしいんだろうね…と聞こえた気がしましたが、
すでに日曜の午前に夫作の蕎麦を食べていたので、
蕎麦のことは今回は置いといて、滝へとずんずん向かいます。
緑が濃くなってきて、祠のようなものがあり、
その先が展望台になっていました。
展望台から下を望むと…、
リュウコメ6496-1 
ああ、血中川濃度が濃くなっていきます。
知られざる名瀑布ということなので地味な存在なのでしょうか。
人もいなくて、滝の名の由来となったという
水が滝壺に落ちる音だけが響いていました。
この音が鳳凰の鳴き声に似ているのですって。
鳳凰の鳴き声がわからないのが残念ですが、ドドドって鳴くと考えられているのかしら…。
リュウコメ6511-1 
ショマと各地の滝巡りなぞ出来たらいいなぁと思います。
滝巡りとは違いますが、自閉症のお子さんを伴って
四国八十八箇所お遍路さんをした友人がいます。
一回にすべてを廻るのではなく、長期の休みを利用して、
今回はここの札所からここまでの札所、と区切って廻っていました。
札所に到着すると、朱印が貰えるので、
それが目的となるし、終わりがわかりやすいので、
お子さんが楽しんでいたという話を聞いて、なるほどね~と友人一同で納得。
一方で、お遍路に出かけたという話を聞いて残された私たちは
今ごろ白装束着てちりーん♪ってやってるのかしら。。と盛り上がりました。
お地蔵様のような清らかなお顔立ちの御子だっので、きっと似合うよね、と。
でも後で聞いたら、お遍路の服装に特に縛りはないのですね。
軽装で参加したと聞き、ちょぴっとがっかり。

リュウコメ6514-1  
リュウコメ6485 
望遠で撮ったので高さがわかりにくいのですが
滝のある場所は展望台のはるかに下。
お母さん、滝に入ってみてもいいですか^^? とにこやかにショマに問われたのですが
ううん、丁寧に言ってもこれもだめ。滝巡り、危険かもしれません。

ショマと私は水場を満喫して非常に気分がよくなってきていたのですが、
夫とスズとの間にちょっとした揉め事がありました。
滝に到着してすぐにスズが小石を空中に投げていました。
危ないからやめるように注意する夫。
はいと言うスズ。そしてすぐに忘れてばらばらと投げてしまうスズ。
ショマにも小石があたりそうだったので、再度きつく注意。
で、終了。だと思っていました。
この後、せっかく来たのだから、
パパとショマスズ三人で写真を撮ろうということになりました。
が、スズは叱られたことを根に持っていたらしく、
パパちゃんとは写真に写らない! と言い出した、、らしい。
私はカメラを構えて遠くに立っていたので、
そのやりとりの詳細がそのときはよくわからなかったのですが、
とにかく、その一言に夫は落胆を覚えたのか
先に駐車場に戻ってしまいました。

スズの言うことをいちいち間に受けていたら身が持たないZE!
一緒に写りたくないと言われても、なしてーん、
いいじゃんイエイ~♪とピースを決めて強引に写りこむくらいでないと!と
思うのですが、真摯に言葉を受け止めすぎてしまうというのは
夫とスズの似ているところ。だからたまにぶつかってしまうこともあります。
週末、夫はちびことの触れ合いを楽しみにして帰ってきているので
その落胆もわかるようなわからないような。
とにかくパパは傷付いているので、スズ自身が修復をなんとかしてくれたまえ。

駐車場までショマスズを連れて戻るときに、
パパちゃん、スズと仲良くしたいと思ったのに残念だったんだって、
パパは怒らないから、ごめんねって謝ってから、
また仲良くしようって言うといいんじゃないかなと話しました。
表情は強張っていて、車が近付くにつれ足取りも重く…。
車のドアを開けて、さあ、なんて言うんだったかなと促してみたところ…。
いつものパターンなのですが、ヒィィィィ350な言葉が出てきました。

   パパちゃん謝ってください。仲良くしてください。

本心なのか。間違えたのか。
夫も思わず噴き出す。 
言葉を搾り出したスズの目からはポロポロ涙がこぼれてきて、
あまりにも哀れになったのか、パパも悪かったと握手して仲直りとなりました。
謝ってくださいとスズが言ったときには私のほうが凍りつくかと思いました。
ひんやり滝体験。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 障がい児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。

【~イメージ~】
リュウコメ6448 
この後、仲直りをした夫とスズは太鼓を叩きに行きました。
日曜日、太鼓の鬼の達人に昇格したとか。
達人すごいですね、どうしたら達人になれますか? とおだてたら、
誇らしげに「たくさん太鼓に行くことです。」と達人。プレッシャーをかけてきました。

| 自閉症関連 | 19:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たびたびお邪魔しますm(_ _)m

鳳凰の滝ですかあ…何だかお話を聞いているだけで、マイナスイオンをたくさん浴びたようなすがすがしい気分になれますね。

行ってみたいなあ~。

スズくん、涙をこらえて頑張ったんですね。
偉いな。謝るのって勇気がいることですもんね。
スズ君の言葉に吹き出したパパちゃんも優しいですね。

いつもながら気持ちがホンワカしました。

ムーコさんは文章を書くのが本当にお上手だと思いますし、天性の癒し系です。

なんて、お会いしたこともないのに偉そうにすみませんm(__)m

これからも、ブログますます楽しみにしていますね♪



| Belle | 2009/07/02 20:25 | URL | ≫ EDIT

Belle様

Belleさん、こんにちは。
落差の大きい迫力ある滝というわけではなくて、
小さな流れが段々と重なっている控えめな滝でした。
あちこち見るべき流れがあって、見て、音も聞いて楽しんでまいりました^^
夏は青森の奥入瀬渓流歩きをしたいのですが
さて実現するかどうか~。

私もスズに似ているところがあるのですが、
夫も気質的によ~く似ているんですね。
親子だからまぁ当然といえば当然なのですけど、
ふたりとも真面目だなぁと思います。
似ていることで気持ちを慮れるところもあるし、
ときにぶつかってしまうこともあって。
謝るのは本当に勇気が要ります。ウンウン。
本心はどうかわからないけど、
(私、夫と揉めて謝ってもこっちが折れてやったと思っていること度々。えへ。)
謝れたということも褒めてあげなくちゃ、ですね。

温かい言葉たくさんかけてもらって、照れちゃう。
楽しみにしているといわれると嬉しいです。やる気がわいてきちゃう!
と言った矢先に今日はお休みかも~。
小梅が誕生日なのでプレゼント探しの予定です^^

| ムーコ | 2009/07/03 06:56 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/739-d8fa8079

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT