PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うどんはおいしいあじでした。

土曜日の公開授業、行って来ました。梅雨の晴れ間の暑い一日でした。
スズを学校に送っていって、そのまま朝の活動と菜園での活動を参観。

朝の活動では、片仮名の書き取りをしていました。
書き取りの様子を見ながら、スズがこれまでに書いた
平仮名や漢字のノートも見せてもらいました。
見ると、ノートは○ばかりです。
たぶん間違えたところはいっぱいあるのでしょうが、
間違えたから、そのうえに×と書く方法は先生が採っていないようです。
授業を見るかぎりでも、間違いに気付くように導いて
修正させてから、最終的に○と書くようにしているのだなと思いました。
スズは特に大きく×と書かれたら気にしてしまう方なので、配慮がありがたかったです。

漢字の書き取りを見ながら、一年生はそうか、こんな漢字を練習するのか~と
まじまじとノートを見てしまったのですが、
その中に『犬』がありました。おお、犬も一年生で習う漢字であったか。
書き取りノートには漢字の成り立ちも一部載っているのですが
『犬』の象形文字って
0ec8f001.jpg 
このような形なのですね。犬の点はなになのだ。尻尾なの?
私にはこの図は弓矢を引いて狩りをする人なのですが…。
尻尾だよな、う~んと
大人35歳に僅かな学習の疑問点を残し、次の菜園活動へ移動しました。
あーっ、プレビューを見て今気付きました。頭なのかしら??? 

aaa2c346.jpg  
bae302ac.jpg 
菜園ではいろいろな野菜が植えられています。
茄子、きゅうり、大根、ピーマン、ブロッコリー、とうもろこし、京菜、まだまだあります。
この菜園の様子を見るのが送り迎え時のひそやかな楽しみです。
植物の育つ様子って楽しい。元気になれる気がします。
今回の授業では種から植えた野菜たちがたくさん育ってきたので
みんなで間引くというものでした。
スズなどは暑さでだれてしまって、最後は先生たちが最も熱心だったような…。

一度家に戻って、夫とショマを迎えに行き、再度学校へ行きました。
夫もショマもスズが入学してから、学校の中に入るのははじめてです。
ショマを連れていっていいものか迷いましたが
このクラスの和やかムードなら大丈夫だろうと。大丈夫でした^^
夫が来てからの授業は算数と音楽。
算数でも、間違ってもいいんだよね? と先生に問い質しながら計算していました。
何回でも間違ってもいい、間違いを発見することも勉強ですと
根気よく先生が言っているのを聞いてスズも安心しているようでした。
スズは数の合成と分解は頭の中ではできているので
後は手の動きがそこについてくれば…と先生はおっしゃっていました。

 8+2=10

つまり、頭で原理はわかっているので、
=10の部分を手ですぐに書けるようになれば…ということなのだと思います。
スズに限らない話ですが、小学生ってすごいですよね。
まだ生まれて6~7年ほどで、五十音とか計算式とか覚えていくなんて。
それを教える先生っていうのもまたすごいな~。
片仮名と平仮名ってどうしてふたつ覚えるのさ、とか、=って何さと問われたら
私なら、とにかく覚えればいいのですと教えてしまいそうです。

授業の合間にうどん作りの様子を絵に描いたものを見せてもらいました。
先生が言うには、当日の様子を精密に再現して描いたそうです。
うどんをこねている人、うどんを茹でている人、トッピングを作っている人などが
細かく描かれている絵を見たのですが…。
確かに状況描写はえらく細かいんです。よく記憶しているなぁと。
でも、

【普段のお絵かきノートより】
bf6c4f01.jpg 
人がみな、上記のように丸、四角、棒なのです。
かつて、人を描いてみてとスズに請われて、
このようなシンプル人間を描いてしまった緻密でない母のせいです。

書き取りノートの中にスズが書いた作文を見つけました。
運動会の作文と、うどん作りの作文。
マス目の大きな原稿用紙にひとつひとつ平仮名で書いてありました。
うどん作りの作文だけ書き写してきたので、紹介させてください。

 うどんをつくる

 かいものにいった。
 しよがぐらむはかった。
 こねた。ふんだ。
 うどんをきった。ゆでた。
 たまごをひっくりがえした。
 たのしかった。
 うどんはおいしいあじでした。


しよが、じゃないよ、しおの だな。
間違ってるんだけど…。土曜日はとても暑い日で、目から汗が滲んで…。
毎度、毎度こんなことばかりですみません。
私、子どもの作文見るのがはじめての経験でして、またしても、ええ、泣きましたとも。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ 
よろしくお願いします。

| 自閉症関連 | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/88-718c7f69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT