PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

元気になってから

えーと、間があいてしまいました。
犬合コンの続きを、とも思ったのですが、違う話をちょっと挟みます。
もう最初から断っておきます。たぶん長いです。

遡ること一週間前。
朝にスズを送っていく途中、ランドセルを背負った男の子が猫を抱いていました。
顔はかわいいのですが、姿がきれいな猫とはとても言えない猫です。
男の子が小さな体でよっこらよっこらと抱いて歩いているので
どうしたの? と聞いてみたのです。
この子、僕の猫なんですけど怪我しているみたいで…と言います。
よくよく話を聞くと、僕の猫なんですけど、マンションだから飼えなくて…と。
うーん、話のつじつまが合ってないような気がするけれど
なんとな~く話の背景は読めるぞと。
そうこうしているうちに、校庭で遊んでいた子どもたちがワーッと集まりだして
先生になんとかしてもらおう! と校舎に連れて入っていきました。
悲しいかな、大人と子どもの事情は少し違うし、ここは学校。
なんとかなることはないと思うぞよ。と思いながら、経緯が気になり外で待っていました。
すぐに動きはなく、ごめんなさい、私も帰ってきてしまいました。
翌日、その場にいた子に聞いたら、猫は逃がしたと。
まぁそうだろうな、残念なことだけどそうするしかないだろうと思いました。

こういうことがあると、自分の小さかった頃のことを鮮明に思い出します。
前にも少し書いたことかと思うのですが
小学生の頃、学校帰りに茶色い紙袋に入った犬を拾いました。
私は生きていると思って拾いました。
そして、これから訪れるであろう楽しい犬との生活を夢見て拾いました。
でも、紙袋の中で犬は息絶えていました。
今でも本当によく覚えています。黒い犬で鼻は桃色。
少し膜がかかったような感じで、濡れたような質感で。生まれたばかりだったのでしょう。
母は怒りました。今なら怒るのは少しわかる。私も大人になってしまったから。
でもあのとき、たまたま青森に来ていた叔父さんが、一緒に穴を掘って埋葬してくれた。
だから、あの黒いワンちゃんも叔父さんの手で
少しは救われてくれたかなと思えるのです。

それで、まあ結局何を言いたいのかというと 
7d8d3957.jpg 
保護しました。
一週間前に起こった出来事が、また今朝目の前で同じように起こっていたと。
途中で、キミ達おばちゃんに預けてみないかというところだけちょと違うと。
二度ともに同じ猫です。
犬もすでに2頭いる、嫌らしい話ですがお金だってかかる。
母K子は怒り狂うだろう。もちろん、私を心配してのことですが。
大人の事情たくさんだ。
でも…いい人ぶるわけじゃないけれど、二度も目の前で同じことが起こったら…ね。
と言いながらも、動揺しまくって一日あわあわと過ごしていました。
実家で猫を飼っている友人のSさんには買い物の手伝いをしてもらいました。
こちらでコメントをいただいている猫を愛するlottaさんや
一回目のときに話を伝えていて、
今度見かけたら保護して連絡してほしいなぁぁと言っていた『丸芭呂具。』の沢さんに
相談しながら、なんとか今日一日を乗り切りました。
沢さんは仕事の後に駆け付けてくれて、当面必要な道具も持ってきてくれました。

幸い、スズがすごく喜んでくれて
猫ちゃん行くところがなくて困ったね、家に泊まればいいよと言ってくれました。
とりあえずパパには内緒だぞ!! とスズには釘を刺しておきました。
でも、夜になって落ち着いてきたころ、夫から電話がきてしまったのです。
一回目のときにこんなことがあったんだよ~と夫にはすでに話していて
でもママちゃん駄目だぞと釘を刺されていたのです。
ああ、過去の柴犬クン保護のときも同じこと書いた…。
話すべきか話さざるべきか。
スズに代わってと夫に言われ、電話を代わったのですが、
今日はパパと話したくないんだよ…とスズが言っているのが聞こえてきます。
パパに話しちゃだめと言った私の釘効果ゆえでしょう。
なにかあったの、誰かいるの…と再度夫に聞かれ、もう黙っていられんなと。
スズが鈴が鳴るようなかわいい声で猫ちゃんが家にいるんだよと夫に伝えてくれました。
あっさり、ママの好きにしなさいと言う夫。
あれっ、柴クンのときと同じ。

私の実家からかけてきた電話だったので、そのときはコソコソ話していたのですが
また改めて夫から電話がかかってきました。
いつも口では保護してきては駄目と言っているし、保護できる数は限りがあるけれど
実際にママが保護したら、駄目とは絶対言わないと決めていると、
小さいころの思い出のようにはさせたくないと思っていると。
ふ、不覚にも涙。
金城武とは(少々印象は)違うと思っていたことホントごめん。ごめん。
誰も聞きたくないようなノロケみたいでごめんなさい、でも夫の気持ちに感謝しました。

まず猫を元気にしよう。
後のことは後のこととして、いろいろ考えようということになりました。

【ボロフリース最高にゃ】 
4cd484d6.jpg 
異様に人なつっこい子です。だから子供にも保護されたのでしょう。
飼われていた猫かもしれませんが
ガリガリに痩せていて脱毛もあります。今、二階にいて竜と小梅とは隔離中です。
痩せてはいますが、ものすごい美人さん。元気にしてあげたい。
人には驚くばかりに懐きますが、
犬に慣れさせるのは相当な時間がかかるかもしれません。
相手が小梅だし…。
明日、詳しく病院で検査してきます。 

4b74b9c1.jpg 
後のことは後でゆっくり考えよう。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
よろしくお願いします。

| 猫関連 | 23:53 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

余震はだいじょうぶですか。

うう・・・いい話にもらい泣きしちゃいそう。
いつも思うのですが、ムーコさんのご主人様は優しい方ですね。猫ちゃん、まだ小さいのですぐになれると思います。まずは健康診断をしてもらってから、ご対面だね。
小梅ちゃん、金魚さんとも遊ぼうとする子だもの。きっと猫ちゃんとも大丈夫だよ。竜くんもきっと喜ぶんじゃないかな。がんばれ~~。

| ソフィマリア | 2009/01/31 22:23 | URL |

最高の旦那様です!感涙ものですっ!!
金城武を何人並べようと、その懐の深さと優しさには叶うまい、と本気で思います。
(なので、その武はこっちに寄こしてくださいね)

ああ、この猫ちゃんウチのにゃんた君にそっくり。
まったくうりふたつ。
(にゃんたは初代二代目三代目と3匹いたんだけど、どの子もこういう柄の子だったの)

お名前つけたら教えてね!

| みゆこ | 2009/01/31 22:24 | URL |

旦那様素敵ですね♪武様もさすがに敵わない!
自分が迷っている時や困っている時にそっと手を差し伸べてくれるような優しさってじ~んときますよね♪
ムーコさんファミリーの優しさが伝わってきます♪

私も子供の頃から何でも拾ってくる子供でしたが、母は困るとは言っても、決して捨ててきなさいとは言わずに飼い主さんを探してくれたんです。今思うと相当な苦労だったのではないかと...笑
未だに拾ってくる私の性格に、主人も一時は「世界中の猫や犬を救うことは不可能」と言っていましたが本当に困った時は手を差し伸べてくれる。感謝しています♪
こうして出会った猫ちゃんとも何かのご縁があっての事ですよね(^ー^)v早く元気になりますように♪

ちなみに...我が家で保護した時は1~2週間病気の有無を見る為にも隔離し、その後は大型犬様のケージに猫トイレやベッドを一式入れてみんなが過ごしている部屋の片隅に置き、様子を見て毎日少しずつ他の子達と触れ合わせます♪シャーシャーちゃんでも落ちるとこれまた嬉しい瞬間(^m^)ムーコさんも大変だと思いますが、頑張ってください♪

| yucca | 2009/01/31 22:25 | URL |

おお、不覚にも目頭が熱くなってしまいました。
みんな愛されているんだなあ。

かんはんさんとこも、猫キライのはずだった、
おっさんさん(ご主人)が保護したようで(笑)。

つられて、私もブログに、うちの子が子猫だったときの写真を
のせてしまいました。うちの子は自家製だけど。

本当に心やさしいご主人ですね。
てか、愛されていますね。

| lotta | 2009/01/31 22:26 | URL |

んんんんん~~~~!!!!
びっくらして笑ました!!
うちのM氏の事、相談しようと思ってやって来たら先客が!!!
ムーコさん、猫の紙さんがついたね。私達・・・^^ゞ

| かんはん | 2009/01/31 22:26 | URL |

武サマとはちょっと違っても(失礼)
すてきなダンナさまです~♪
そんなやさしい言葉かけてもらったことないです。。。ブツブツ。

ねこちゃん、元気になるといいですね!

余震、気をつけてください。
被害にあわれた方が少しでもはやく
普通の生活に戻れますよう祈ってます。

| ふーたまま | 2009/01/31 22:27 | URL |

スズ君、まっすぐ過ぎます~。パパさんと、ムーコさんと、スズ君たちの関係がとてもいいんだろうな、って思います。

うちは、にゃんこさんを見たとたん、たてがみが立っちゃうんですけど、近づけるのって、わんこ以上に自分たちが緊張しませんか~?どうなるのか、記事お待ちしておりますよ。

Retriever見てくださったんですね。ありがとうございます☆それにしても、よく見つけられましたね、あんなに隅っこに写ってたのに、ぷぷっ。

| さくまま | 2009/01/31 22:27 | URL |

あああああ
なんだかちょっと来ない間に出逢いが!!!
出逢いだ!!!
ムーコさん、2度もその猫ちゃんに遭遇したのは
きっと特別な縁があるからですよね。
不思議なのは、ちゃんと猫ちゃんがそれをわかっているようなところ。
かんはんさんのお宅のもんちゃんも保護された形だったと
思うけど、ほんとうにかんはんさんやムーコさんのような
人にめぐり合うなんて猫達が何かをわかっているようで
私はそういうことにひそかに感動してしまいます。
続きを待ってます。

p.s.
少し余震もおさまったようですがこの度は、こちらも
結構ゆれました。
こちらの中高生の間で地震に関する変なうわさがあります。
根拠のないうわさですが、気になるので
しばらくの間少し警戒して過ごしてくださいね。

| keia | 2009/01/31 22:28 | URL |

ソフィマリア様
お返事遅くなって失礼しました~。
今日で三日目ですが、ずいぶんと元気になってきたように思います。
眼に力が戻ってきたような。
もうすぐ夕ご飯の時間です。ニャッニャッと喜ぶんですよ^^

しばらくは隔離して過ごさせるので対面はしてないですけど
小梅は興味津々で二階を覗いています。
ゆっくりゆっくりですね。

余震もこちらは落ち着いてきました。
ありがとうございます。

| ムーコ | 2009/01/31 22:29 | URL |

みゆこ様
>(なので、その武はこっちに寄こしてくださいね)
ちょww そういうことになるのですか。

名前、今日は夫が戻ってくるので一緒に考えたいと思います。
なにかこう、大好きな人の名にちなんだ名前と思い
いろいろ考えているのですが
ポンとかガーフとか警官223とか…ちょい違うなと。
やっぱり、あのドラマから持ってくるか…と考え中でございます。

| ムーコ | 2009/01/31 22:29 | URL |

ムーコ 様

久しぶりにコメントさせていただきます。
猫ちゃん、昨日よりも元気になったでしょうか。

ムーコさんの幼い頃の悲しい思い出も、
パパさんの優しさで修復されるといいなと
思いました。
ムーコさんは優しい人だから、
きっとパパさんも同じように優しい人に
違いないとは予感しつつ、今回のお話で
確信に変わりましたー。

ムーコさん一家はみんな、動物との会話ができそう
ですね。武と一緒だね♪

P.S.地震のこともお聞きして驚きました。どうぞ気をつけてください。

| JOE | 2009/01/31 22:30 | URL |

yucca様
うん、不安でおろおろしているときに
助けてもらえるってうれしいね。
夫もそうなのですが、皆さんからたくさんのコメントいただいてしまって
力が湧いてくるような気がします。

やっぱり大人になってわかるのですが
保護したくてもできない事情がありますよね。
私だって、一回目は割って入ろうと思えばできたのに
やっぱり無理だな~と躊躇してしまったので。
お母様はすごい。
yuccaさんとダディさんにも頭が下がります。

シャーシャーちゃんでも落ちるってかわいい。
ちょっと笑ってしまう。
シャーシャーちゃんより、ワンワンちゃんが大変なような、ウチの場合(笑)。
互いにストレスがかかったら元も子もないので
ゆっくり進めていきますね。

| yucca | 2009/01/31 22:31 | URL |

lotta様
lottaさんの目頭を熱くさせるとは
うちの夫もなかなかだな~。ポイントはそこじゃないかしらん。
おっさんさんはM氏を男手で育てているのですものね。
きっと立派な男児に成長することでしょう。

トビ君の幼稚園時代、何度見てもニヤけちゃう。
ロッタ母さんの色っぽさにも撃沈。
この度は本当にいろいろと相談にのってもらってありがとうございました。
うれしいことに、元気になってきたように思います。

| lotta | 2009/01/31 22:32 | URL |

かんはん様
ふっふっ、M氏もなかなかのハンサム君ですが
にゃにゃ子(仮名)も美人ですよ~。
動物病院で 美人ですよね? と言ったら先生が笑っていました。
なぜに笑う。

猫神さんとカンタ君に見守ってもらえますように。
かんはんさん、ありがとう。

| ムーコ | 2009/01/31 22:33 | URL |

ああ、ムーコさん、私の退社時間にコメント返信するの、やめて~。
後ろ髪ひかれながら、PCを閉じて、家路につかねばなりません。
あとはケータイでせこせこと…見るぞう。
祈ってるぞう。

| 納言子 | 2009/01/31 22:34 | URL |

ふーたまま様
ちょっとね、ちょっと違うのよ。そこは残念なんだけど(笑)
優しい言葉はたまにがいいの。相方さんにも小出しにしてもらおう。
普段の喧嘩のときは、小さい物は投げてもいいが手は出さない、
私が暴れても柔道の技で投げないというルールがあります。

地震のときもありがとうございました。
まだまだ震源地近くの方は不安な日を過ごしています。
できることは少ないけれど、
今この時間にも大変な思いをしている人がまだいることを
心に留めなければと思います。

| ムーコ | 2009/01/31 22:35 | URL |

さくまま様
スズには、動物と何かあると秘密を授けてしまって
申し訳ないことをしてしまいます。
柴君のときは言いたくてたまらない様子でしたが
今回は秘密、秘密、秘密保持と頑張ってくれました。

小梅は猫や鳥を見ると全身バーッと毛が逆立ちます。
竜では毛が逆立つのは見たことなかったので
はじめて見たとき驚きました。
しばらく隔離しないといけないので、対面はまだまだ先になりそうです。
年数かかってもというくらいの覚悟でいきますね。

さくちゃんだけでなく、
さくままさんの色白二の腕も拝見しましたよ♪
さくままさんのお口の形は、さくちゃんあーん ですね。

| ムーコ | 2009/01/31 22:35 | URL |

keia様
いや、このうちなんなのよ、どうなのよ~と
思われないようにしてあげねばと(笑)
この辺りは幸いにして、捨て猫は少ないし、野良ちゃんも少ないの。
たまたまの出会いだといえばそうなんだけど
小学校に歩いていくこともなければなかった出会いなので
大事に育てていきたいと思います。

山形も揺れたでしょう。サスケ君は大丈夫でしたか。
何度経験しても慣れるってことは、当たり前だけどないですね。
お互い、気をつけましょう。

| ムーコ | 2009/01/31 22:36 | URL |

JOE様
きゃー、JOEさん。コメントありがとうございます。
うれしいです。

優しいのかどうか…。
後先考えずに保護した後に悩むくらいなら、うーん。
でも、夫から許可が出たのでよいということにしようと。
もともと夫はそんなに動物好きではないんですよ~。
猫は飼った経験があるそうなのですが、たぶん世話はお母さんがしていたと思うし
犬は大の苦手だったし。
まさか、結婚してからいろいろな動物と
一緒に暮らすことになるとは思っていなかったでしょう。
動物と話す域まではまだまだ、とてもとても~。
付け加えますが、私は武ともお話してみたいです。

| ムーコ | 2009/01/31 22:36 | URL |

納言子様
お仕事お疲れ様でした!!
携帯でわざわざありがとうございますニャ。
田舎の母さんのような納言子さんの祈りが伝わってきますよ。
いつもありがとう。感謝感謝です。

| ムーコ | 2009/01/31 22:37 | URL |

水曜の女へ。

おめでとう。真生ちゃん。
この1年、元気に過ごせて、おっかあになれて、幸せだったでしょう?
みんなに愛されて、今日まで過ごしてこられて、よかった。

こんな風に1年目の記念日を迎えられるとは、人間のおっかあもおっとうも、願ってもないことだったと、人間のおっかあの、さらに田舎のおっかあは思うよ。

あなたのにゃん生が、これからもキラキラ輝いていますように。


p.s. コメントの日付がaolとの格闘を物語っていて、切のうございます。

| 納言子 | 2009/06/18 12:36 | URL | ≫ EDIT

納言子様

ありがとう、ありがとう!
この時期は(ええ、1月31日じゃありませんぬ。)
たくさんの田舎のおっかぁができたようなもので、
皆さんに助けられて一年を迎えることができました。

一年目記念日も水曜日だわね、やっぱり水曜日の女だわね、と
盛り上がっていたのですが、昨日木曜日でした。かんちがい…。
Sさんが午後におもちゃとおやつを持ってきてくれて
(プチ部屋の模様替えの手伝いをさせたともいう)、
お腹が固かったのは焦ったね~など思い出話をしていました。
子猫連れてきたっていうから見たら、子猫じゃないやん!と思ったと。
そうだったのか…。私、最初子猫だと。
当の真生にゃん、一年前と違って幻の猫化が進み、
あのときの真生にゃんはどこに行ったのだとSさん涙しておりました。

とにもかくにも一年を迎えることができました。ありがとう。
よき日にあわせ。6、18、の入ったナンバーズを買いましたがはずれた模様。
(だから書いている。)
次は193で、ナンバーズ3に挑戦しまふ。

| ムーコ | 2009/06/19 06:23 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/94-9edf4c65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT